プロペシアの詳細について

プロペシア(一般名フィナステリド)というAGA治療薬があります。
AGAとは日本名で男性型脱毛症のことです。
プロペシアは米国のメルク社が製造販売しており、世界で60以上の国と地域で承認されている、最もメジャーなAGA治療薬です。
日本国内においても、MSD株式会社により、2001年から臨床試験を始め、2003年には承認を厚生労働省へ申請し、2005年より日本国内で発売されております。1.0mgと0.2gの2種類存在します。
フィナステリドと呼ばれる有効成分が入っており、分類的には5α還元酵素阻害薬になります。
同じ分類に前立腺肥大の薬として使われてる、プロスカーというものもあります。成分は5mgになります。
男性型脱毛症になる主な原因としてジヒドロテストステロイン(DHT)という物質により脱毛がおこるとされています。
ジヒドロテストステロインは5α還元酵素により、テストステロンが生成されます。
これがもう乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結ぶことにより、毛髪の成長期に対して退行期や、休止期に移行される信号が出されます。そして退行期の細い毛髪が増えるときや成長する前に抜けてしまってしまうので、毛が薄くなってしまいます。
プロペシアは男性型脱毛症の原因のジヒドロテストステロインを作る5α-還元酵素を阻害してくれることでジヒドロテストステロインの生成を抑えてくれます。これによって、細くなってしまった髪の毛などにコシがでてきて、休止期の毛穴からの毛髪も育ってくれ、改善が期待できるということです。
もちろん人により、症状などは違うので効果も違ってきます。
プロペシアのジェネリックと言われている、フィンペシアというAGA治療薬もあります。
有効成分は同じですので、効果も一緒になります。フィンペシアはジェネリックですので比較的手に入りやすい価格になります。
ドラッグストアなどでは手に入りませんがネットで個人輸入で手にすることもできます。
育毛剤として有名なリアップがありますが、その成分はミノキシジルになります。この成分ですが当初高血圧の方用の降下剤として開発されていました、開発途中発毛効果を生じ発毛薬として開発されました。
ロゲインというミノキシジルを主成分とした処方箋を必要としない医療効果が認められている製品もあります。
育毛促進の効果がかなり期待できる製品になってます。ロゲインもリアップも同じ成分ですので効果は同じく期待できます。
AGA治療薬、症状に合わせ、早めの治療をお勧めします。